Johana Cavalcanti

Blog de Social Media y Marketing Online
Subscribe

Cómo Calcular el IOR – Impact of Relationship

November 25, 2009 By: Johana Cavalcanti Category: eMarketing, Impact of Relationship, IOR, Marketing Relacional, Redes Sociales, ROI en Medios Sociales

ior-foto2El Retorno de la Inversión de las acciones de Marketing en Redes Sociales es uno de los temas más debatidos a día de hoy.

Tanto los profesionales como los clientes se preguntan como medir el ROI de las acciones en estos Medios.

Internet ha pasado, en muy poco tiempo, de ser un monólogo, donde las empresas enviaban la información y el consumidor la recibía (sin tener la oportunidad de valorar esta información) a ser un espacio social, donde los usuarios comentan y valoran sus experiencias con el resto de la Red además de compartir sus inquietudes en relación a sus necesidades de productos y servicios.

Los entornos sociales en Internet ofrecen a las marcas una oportunidad de relacionarse con su mercado. Sin embargo, no podemos medir el Retorno de la Inversión (ROI) y las acciones en las redes sociales del mismo modo que medimos las acciones de marketing con el objetivo de conseguir una conversión en ventas.

Las Redes Sociales tratan de personas, no sobre marcas. Los medios sociales en Internet no pueden ser vistos como un entorno comercial. Como entornos sociales que son, tanto los objetivos como el retorno de la inversión deberían ser medidos por el impacto que tiene nuestras acciones en el entorno donde nos movemos y la relevancia de este Impacto en el Reconocimiento de la Marca. A este Impacto le llamamos IOR – IMPACT OF RELATIONSHIP.

En la siguiente presentación, podéis ver cómo calcular el IOR – Impact of Relationship.

Share

8 Comments to “Cómo Calcular el IOR – Impact of Relationship”


  1. Una muy buena presentación Johana, me has dado pie para un próximo post. Estemos en contacto.

    1
  2. I’ll гight awɑy grab your rss feed aѕ I can not to find your email subscription link օr newsletter service.
    Ɗօ you’ve any? Kindly let me realize in order that Ӏ coսld subscribe.
    Ƭhanks.

    2
  3. An incredible blogpost, I simply with all this onto a student who had been doing a little analysis on that. Anf the husband in truth bought me breakfast because I recently found it for him. :).. So permit me to reword that: Thanks for the treat! But yeah Thank you making the effort go over this, I believe strongly regarding this and enjoy learning much more about this topic. If possible, since you gain expertise, might you mind updating your blog site with an increase of details? It is extremely a good choice for me. Big thumb up with this post!

    3
  4. [url=http://www.okakaku.com/Super-Copy-514.html]私は、breitling腕時計のある38の私の最近のレビューで言及したように、ブライトリングのない実際に私自身が描かれたが発見されたブランドが、彼らは私自身の毎日の使用と好みのためにあまりに複雑なような気がします。しかし、ブライトリングのあるコレクションを示す別のものを彼らのラインアップのスライス(と私が言うと、クリーナ)方向である。カルティエスーパーコピーそれは私たちが独立して最初のクロノグラフに対する敬意を見つけることは、このコレクションの中で、1915年ブライトリングトランスオーシャンクロノグラフの形でした。[/url]

    4
  5. [url=http://www.gowatchs.com/brand-202.html]ビットをバックアップすることを望んで、私はよりスポーティな演出が私のkaのラ(「太陽」はハワイ語で)高設定ダイヤル手と可読性の高いセキュリティストラップシステムとしては見ています。あなたの多くは間違いないように精通しているnatoストラップと呼ばれる(実際には英国のモッズg 10の仕様が、通称「ナトー」ストラップ)。ストラップ腕時計のケースの下のバックでは、一つのバネ棒を破るならば、見るかもしれない失敗の周りにあなたの手首の上で、しかし、それはnatoストラップで活動中に行方不明になることはできない。[/url]

    5
  6. [url=http://www.ooobrand.com/bags/hermes/640.html]2012年に戻って、ボールの腕時計は、彼らがビーエムダブリュー車とのコラボレーションで腕時計を製造するという興味深い発表と私はそれはかなりクールだと思った。腕時計のコレクションのためにボールがデビューして、後で行った実際のここで。 ルイヴィトンスーパーコピー 2015年の間、ボールを静かにリリースされた1つの新しい部分をボールにtimetrekkerコレクション青と黒いダイヤルバージョンの両方を含むビーエムダブリュー腕時計と家族のために、鋼の金属ブレスレットやゴムひものどちらかを見て。[/url]

    6
  7. ブランドコピーならにお任せ!
    弊店のロレックスS品N品コピーは2年無料保証になります。
    ご入金が確認できてから1週間でお届け致します。
    ロレックスコピー時計などを購入したい方はこちらへ。
    ロレックスS品N品コピー時計通販、N級品、全て新品、高い品質、激安、送料無料。

    7
  8. ルイヴィトン ブランドコピー
    2017超人気 ルイヴィトン ブランドコピー代引き
    ルイヴィトン 財布 コピー 代引き激安市場!
    当店は信頼できるルイヴィトン コピー代引きの激安通販店です。
    2017 高品質ルイヴィトン バッグ コピー、ルイヴィトン 財布 コピー 代引きなどの商品が低価格でお客様に提供します。
    100%実物写真ですし、品質が完璧です。
    ルイヴィトン コピー,ヴィトン コピー,
    ルイヴィトン コピー代引き,
    ルイヴィトン ブランドコピー,
    ルイヴィトン 財布 コピー,
    ブランドコピー代引き
    株式会社 ヴィトン コピー 専門店

    8

1 Trackbacks/Pingbacks

  1. Démosle la vuelta al ROI (IOR: Impact Of Relationship) | Lineas de Marketing 30 06 10

Leave a Reply